児童発達支援 パオ

児童福祉法 川崎市指定児童発達支援事業所 パオです。2歳からの早期療育、発語トレーニング・行動トレーニング・感覚統合・手指訓練・学習・トイレトレーニングを行っています。

いつでもどこでもだれとでも パオでは、療育を通して社会の中で生きる力を育てます。

空き状況

・水曜日の午前クラス(入学準備コース)空きなし。

・水曜日の午後クラス(入学準備コース)若干の空き。

・月・火・木・金の午前クラス、若干の空き



お子さまのこんなところ、気になりませんか?

  • 外出するとき、好きなものを見つけるとパッと飛び出し、止めてもきかず、何度も繰り返す。 
  • 手をつなごうとすると手を振り払い、手をつなごうとしない。
  • 迷子になっても、親を探さない。何度叱っても同じことを繰り返す。 
  • 自動車のタイヤが好きで座り込み、なかなか離れようしない
  • 他のこどもが座っているとき、ぐるぐる走り回り親の声にも耳を貸さない。
  • 決まった道順を通らないとかんしゃくがでる。
  •  一人遊びがすきで、まわりに無関心。
  • 自動車のタイヤが好きで 寝転び目の前でタイヤを動かし続けるのが好き。
  • 他の遊びをすすめても同じ遊びを繰り返す。遊ぶおもちゃを触ろうとすると怒る。
  • 偏食がつよくて、同じものばかり食べ続ける。
  • いつも決まった食べ物を食べ、すすめても食べない。
  • 視線が合わない。指さしをしない。
  • 人見知りをしない。

川崎市宮前区で初めての児童発達支援事業所「パオ」は2歳からの早期療育、発語トレーニング・行動トレーニング・感覚統合・手指訓練・学習・トイレトレーニングを行っています。

お母さんが安心して相談できる、お子様の発達に応じた適切な療育が受けられる、お子様を信頼し預けられる事業所です。

随時見学受付中です。

 


メールでのお問合わせ

◆ご見学のご予約、療育についてのご質問など、お気軽にお問合せください。

メモ: * は入力必須項目です


電話でのお問合せ

児童福祉法 川崎市指定児童発達支援事業所 パオ

 

お問合せ・ご見学専用ダイヤル

044-750-0858

 

月~金 9時から15時 (土・日・祝日休み)

◆療育中、すぐにお電話に出られない場合もあります。折り返しお掛けいたしますので、ご伝言をお願いします。


アクセス

〒216-0031 神奈川県川崎市宮前区神木本町2-10-2

◆電車・バス

南武線武蔵溝ノ口駅南口・田園都市線溝の口駅南口・田園都市線宮前平駅北口・小田急線向ヶ丘遊園駅東口から、川崎市バス「森林公園前」下車、徒歩2分。

 

◆「森林公園前」のバス停からパオまで

華屋与兵衛の向かい、割烹高根横の路地を、奥に進むとパオがあります。電柱に看板があります。

 

 ◆駐車場 

パオに駐車場はありませんが、パオまで電話でお問い合わせください。


パオの一日の流れ

午前クラス(送迎あり)

9:30~:始まりの会・リズム運動・集会 

機能訓練 四つ這い・高這い・膝立ち

行動トレーニング

①生活 着替える・たたむ・手を洗う・うがいをする他

②弁別 大小・色などのさまざまな属性の仲間集め

③指先を使う 指先の操作性を高める

④二人で協力する 他者を意識して合わせる

⑤お友達を作るための練習 相手の目を見る・うなずくなどやり取りの基本

 

11:00~:戸外歩行

 

11:30~:学習・手指作業(個別療育1対1または1対2)。語プログラム 口腔トレーニング       

 

12:00~:お弁当

 

12:30~:集会・本の読み聞かせ・紙芝居

 

13:00~:行動トレーニング

①感覚統合

②ルールのある遊び フルーツバスケット・イス取りゲームなど

④身体機能を高める とび箱・鉄棒・なわとびなど

⑤楽器 カスタネット・鈴・タンバリン・ピアニカの操作性

制作 のりづけ・はさみで切る・一人でやりきる

⑦お母様からのご相談を取り入れた課題              

 

~13:30:帰りの会・さようなら 

 

午後クラス 水曜日(帰りの送りあり)

幼稚園等と連携し、課題に取り組みます。

14:00~15:45

①戸外歩行

学習・手指作業・ピアニカなど(40分・個別療育1対1または1対2)

③制作・語プログラム 口腔トレーニング

④行動トレーニング

 

 

水曜日の午後クラスは、幼稚園が終わりましたら、ご自宅にお帰りにならずまっすぐパオにお越しください。午前クラスに途中から参加します。また、おむすびを1個持たせてください。昼食と致します。お着替えはパオで、園服から私服に着替えます。


◆基本方針◆

*母子分離が初めて・慣れるのに時間がかかる・歩くのが苦手なお子様につきましては、パオに来るのが楽しいといっていただけるように、お母さまも交えた個別療育から、ゆっくり、ゆっくり始めさせていただきたいと考えております。ご遠慮なくご相談くださいませ。その後、一人ひとりの発達段階に合わせ、時間を延長していきます。

*ご利用された際には、定期的に療育の見学を、お願いしております。

*発達心理の専門家(常勤)が、一人ひとりのお子さまの発達を見立て、学習・手指・課題活動をご用意いたします。

*遊びの場を提供する見守り療育、長時間の預かり療育は致しておりません。

*幼少期の限られた時間、質の高い療育をさせていただきたいと考えています。

*ご見学・体験を通し、パオの療育をご覧ください。

◆利用料金◆

川崎市・横浜市の方も利用できます。 

利用料金は、厚生労働省の定める額のうち9割が給付対象となり、原則1割をご負担いただきます。月の利用料金負担の上限額が、世帯収入などによってかわり、さらに、ご負担が少なくなることもあります。