パオの戸外歩行は、社会性の土台作り


戸外歩行の捉え方

パオのめざす歩行は、散歩とは異なります。子どもが自由気ままに歩き、大人がそれに従って歩くのではなく、一定のリズムで歩く・大人に合わせて歩くことを目的としています。

パオにいらっしゃるお子さまの多くは、歩きたくなくて泣いて座り込もうとしたり、抱っこを要求したり、好きなものが目に入ると手を振り払い飛び出そうとしたり、自分の思い通りになる経験を積み重ねてきています。

  1. パオでは、パオのめざす歩行を、毎日根気よく繰り返していくことで、
  2. 手を払わず、しゃがみ込まず、大人やお友達と手をつなぎ歩くこと
  3. 一定のリズムで歩くこと
  4. 人に合わせて歩くこと
  5. 集団のルールを学ぶこと
  6. 歩ききることで、達成感を感じ取ること
  7. 歩くことによって、気持ちの安定につながっていくことを体感していきます。

こうした働きかけを通して、子どもの中に、「人からの働きかけを受け入れようとする構え」「周囲への関心を広げ、その刺激を取り込もうとする姿勢」を育てていきます。パオでは、パオのめざす歩行を繰り返すことで、社会性を育てる土台作りをしていると捉えています。 

公園の遊具を通して外遊びを豊かに広げて

保護者の方から「同じ遊びを繰り返すんです。」とご相談がありました。大好きだから、同じ遊びを繰り返しているわけではありません。

 

パオでは、外遊びの幅を広げるために歩行とともに発達に応じたちょっと難しい遊具にチャレンジ!!時には一人ひとりに応じた指示だしをしています。

 

順番に並ぶこと。子どものそばに先生が寄り添わなくても、子ども達は順番に並べるようになってきました。初めは 先生の手と子どもの手は握られていました。目に入った刺激に走り出したり、並ぶことがわからず立ちつくしたり、一人ひとりの課題と向き合い続けてきました。今では遊具で遊ぶ楽しさ、わかってきたから並べるようになりました。